ジベルニーへ

都会が暑いと、空気の綺麗な所に行きたくなるのはどこにいても同じのようで、ちょっと郊外へ行くことにしました。

パリから1時間程のジベルニーへ。
画家モネはインタビューで、最高傑作を挙げるとしたらどの作品ですか?という質問にジベルニーの水の庭と答えたのは有名な話ですね。
その最高傑作である水の庭を眺めに行ってきました。
f0167026_23521792.jpg

モネの庭の花は満開を迎えようとしていました。
f0167026_2354736.jpg

モネは日本が大好きだったようで、家の中には歌麿やら、北斎やら、日本画がいっぱい飾られていました。
庭にもわざわざ日本から柳を取り寄せて植えたそうです。
f0167026_23551475.jpg

その柳がこの睡蓮の池に映っている様を描いたのが、オランジュリー美術館に飾られている代表作の「睡蓮」なんですね。
f0167026_23562518.jpg

f0167026_2357466.jpg

このモネの庭、パリ4回目にして初めて訪れたのですがきてみないとわからなかったことがたくさんありました。
5年前だったか、パリに来た時にオランジュリー美術館がツアーに含まれていました。
その時はふ〜ん、「睡蓮」てこんな感じなんだ〜…くらいにしか思わなかったのが、ジベルニーを訪れて実際に水の庭をみて、感じてからあのオランジュリーの作品を観ると、あ〜、こんな風に柳が水面に映っていたなと感じ入ったりしました。
そしてモネが最高傑作だと言ったジベルニーの水の庭、確かに最高傑作だと思いました。
だってね、わざわざ川から水を引いて人工の池を作ったんだものね。そりゃ、最高傑作だわよね!
オランジュリー美術館の睡蓮の部屋に照明がないのも、自然光で照らすようにというモネがこだわった理由もこのジベルニーを訪れるとわかりますよ。

f0167026_2359097.jpg


なんだか、モネがパリを離れてこの小さな村に居を構えたのもわかるような気がしました。
たくさんの花と静かな村の佇まい、夏になるとより憧れます。





[PR]
by applemint60 | 2014-07-02 00:27 | 旅行 | Comments(0)
<< 予定変更(>_<) 卒業生がでました! >>