北京へ②

f0167026_1142577.jpg

この日宿泊したホテルのロビー?なんだろうか。
到着した途端にホテルの人がバチバチッと明りを点けまくってたんだけど、
誰も一度もここは使わせてもらえなかった・・・ただの飾りなのかな!?

すぐさま部屋に荷物を置き、ディナ~!です。

f0167026_11493650.jpg

あまり美味しくなかった(^^;#)んだけど、皆お腹が空いているので箸がすすみます。
私は、ちょっと食べてからどーしても口に合わないので、日本から持参したパンを
部屋でこっそり食べました。 次男も部屋で、売店で購入したカップ麺を食べてたけど、
ちょっと前のニュースで中国でカップ麺?だかインスタント麺?だかを食べて亡くなった
子供のニュースを思い出し、あ~~!と思ったのも束の間、すでに完食してました。
彼曰く、やっぱり美味しくなかったって。(ニュースの事はヒ・ミ・ツ)

さぁ~、食事も終わり「早よ寝よ~」っと思った矢先、トイレが詰まったんです(><#)
ロビーに電話し、例の詰まった時にパコパコする代物を片手に兄さん登場です。
(写真撮りたかったけど、怒られそうだったのでやめました(笑))
ロビーの兄さん慣れている様子で、アッという間にトイレ復活です。
そして・・・怒られました・・・私。
次男と同い年くらいの兄さんに、中国のトイレの使い方を伝授された夜でした。
でも、水のしたたるパコパコをそのまんま部屋で持ち歩くなよ~っと、おばはんは
言いたかった。 もちろん、その後は床拭きが待っていたのよ。

気を取り直して、腹痛で目覚めた翌朝。 やっぱりキタ―!! 胃腸の弱い私は旅行には
いつも整腸剤を持参。 

f0167026_1221555.jpg
こちらが朝食。
写真には写ってないのですが、
豆腐が美味しかったです。
水が悪い中国なのに豆腐と豆乳は
美味しかったですよ。

ガイドさんもここは豆腐だけは美味しい!!
と言ってました。ガイドさんも他はイマイチ
と思ってたんだと確認です。

なんでも、ここら辺(八達嶺)の
習慣で、豆腐に色々具をのせてたれを
かけて食べるんだって。
北京の中心ではとうやって食べるんだろうね。

さぁ~、整腸剤も飲み、支度も整ったわが家族は次男の「皆を待たせたらイケない!」
の一言で、いち早くチェックアウトを済ませ外へ。

あら~、こんなホテルに泊まってたのねと確認した一枚。
f0167026_123527100.jpg

ホテルの表玄関です。
写真ではわかりませんが、四合院作りといって、中国では古くからの建築様式だそうですよ。
四角形に中庭を囲むようにして部屋があり、またその先に同じような廊下があって
それがまたその次の四角形の建物とつながり、その繰り返しになってます。
迷子になりそうな作りです。 だから部屋にあった窓は、すべて廊下に面してました。
きっと昔、敵に攻められた時に敵を欺くためなのでしょうね。
だから、平屋建てのなが~い建物だったようです。

ホテルは、こんな景観に囲まれてました。
f0167026_12461051.jpg

f0167026_1247309.jpg

f0167026_12522138.jpg

埃っぽいところです。
こちらを後にして、次の世界遺産へ出発です。

では、また次回に。
[PR]
by applemint60 | 2010-04-15 12:55 | 旅行 | Comments(2)
Commented by pugslife at 2010-04-15 20:47
中国旅行記、楽しく拝見しとります(あ?変な日本語)。

門構えが立派なホテルですね〜。
お部屋は如何でしたか?
食事が口に合わないのは残念ですよね。。。

中国は九寨溝・黄龍・パンダ園のお決まり人気コースに参加して
みたいと思っていましたが、気胸で肺を潰しましたので、高地へ
はしばらく行けそうになく、とても残念に思っている今日この頃。

あぁ、いつか行ってみたい!


Commented by applemint60 at 2010-04-15 23:00
♪pugslifeさん
体の具合いはいかがですか?
普通に生活しているんでしょうか?
この週末あたりお茶を持って伺おうかと思ってますが。

食事は一言でいうと、中国チックな味なのですよ。
前にベルギーで食べた中華料理と似ていて、退きましたよ。

中国は奥深いところでした。
私は九寨溝・黄龍あたりは、5年後位に行こうかなと
考えています。(更年期が終わったらね)

しかし、中国はおもしろいところでしたよ!
<< お知らせ 北京へ! >>