ロワール渓谷の古城巡り

はじめにモンサンミッシェルでの観光をご紹介しましたが、 その前に私達はロワール渓谷の古城巡りを
していました。
今やとても有名になった古城巡りですが、 フランスの古城を訪れるのは初めて。
まずは、シャンボール城です。

f0167026_166414.jpg

左右のシンメトリーが美しいお城なのですが、なぜか私は斜めから撮ってました、 トホホ・・・。
440も部屋があって、365も暖炉があるらしいです。 しかも ダ・ヴィンチが設計の素案を書いたんですって!
ダ・ヴィンチの階段が美しいらしいですよ。

ロワール河流域にはたくさんお城が点在しています。 それらを車窓から眺め、次に向かったのは、
シュノンソー城。 こちらは代々女性が城主だったお城です。
f0167026_16172836.jpg
お城に向かう並木道がきれいだったよ~。















お城です。
f0167026_16192092.jpg

なぜか裏から写している。

f0167026_1622283.jpg

こちらも裏から・・・。
ここに写っている庭は正室の庭で、 反対側のもっと広くて明るいほうが側室の庭なんですって。
なんでも、このお城を建てたアンリ2世という王様は側室の数がゼロ二つもあったそうです。
そんな中でもディアーヌ・ド・ポワティエという人が王様の寵愛をうけ、このお城の城主に。
王様没後、正妻のカトリーヌが奪い取り質素なお庭を作ったんですって。
カトリーヌは王様亡きあとずっと黒の喪服で過ごし、自身の部屋も黒一色に。
ちょっと不気味な部屋でしたよ。 その部屋は出るらしいです。 何がって、あれですよ。
f0167026_164155100.jpg

これが黒い部屋(カトリーヌさんの部屋) 壁すべてが黒でした。

側室さんの素敵なお部屋もたくさんありましたが、 わたしの興味を引いたのは厨房です。
f0167026_16463883.jpg
鍋類が飾ってあった厨房

当時はどんなものを食べていたんでしょうかね、 やっぱりジビエ料理かな?
















f0167026_16484211.jpg
この窯をみて、鍋類の柄がみんな長い事に納得
















f0167026_16503884.jpg












←どんだけ肉をカットしたんだろうと思われる、窪んだカッティングボード


厨房だけでも幾部屋もあって当時の繁栄ぶりがうかがえます。

さっ、、厨房をみたところで今日のランチへ。 今日は、石切り場跡の洞窟レストランです。

それはまた後日アップしますね (^^)/^
[PR]
by applemint60 | 2009-08-06 17:12 | 旅行 | Comments(2)
Commented by ヒロミ at 2009-08-07 12:30 x
わぁ~(^◇^)いいなぁ~~~☆
良い季節に行かれて、羨ましいですぅ~~~ヽ(^o^)丿
おかげさまで、素敵な香りの紅茶、楽しませていただいてます(^_-)-☆
Commented by applemint60 at 2009-08-07 16:19
♪ ヒロミさま

紅茶、気に入っていただけてよかったです。
ヒロミさんもこれからお忙しくなると思いますが、時々のぞきに
きてね! 毎日暑いけどがんばってくださ~い♪
<< 洞窟レストラン アブランシュという町へ >>