「ほっ」と。キャンペーン

タグ:小さな町・村 ( 13 ) タグの人気記事

ジベルニーへ

都会が暑いと、空気の綺麗な所に行きたくなるのはどこにいても同じのようで、ちょっと郊外へ行くことにしました。

パリから1時間程のジベルニーへ。
画家モネはインタビューで、最高傑作を挙げるとしたらどの作品ですか?という質問にジベルニーの水の庭と答えたのは有名な話ですね。
その最高傑作である水の庭を眺めに行ってきました。
f0167026_23521792.jpg

モネの庭の花は満開を迎えようとしていました。
f0167026_2354736.jpg

モネは日本が大好きだったようで、家の中には歌麿やら、北斎やら、日本画がいっぱい飾られていました。
庭にもわざわざ日本から柳を取り寄せて植えたそうです。
f0167026_23551475.jpg

その柳がこの睡蓮の池に映っている様を描いたのが、オランジュリー美術館に飾られている代表作の「睡蓮」なんですね。
f0167026_23562518.jpg

f0167026_2357466.jpg

このモネの庭、パリ4回目にして初めて訪れたのですがきてみないとわからなかったことがたくさんありました。
5年前だったか、パリに来た時にオランジュリー美術館がツアーに含まれていました。
その時はふ〜ん、「睡蓮」てこんな感じなんだ〜…くらいにしか思わなかったのが、ジベルニーを訪れて実際に水の庭をみて、感じてからあのオランジュリーの作品を観ると、あ〜、こんな風に柳が水面に映っていたなと感じ入ったりしました。
そしてモネが最高傑作だと言ったジベルニーの水の庭、確かに最高傑作だと思いました。
だってね、わざわざ川から水を引いて人工の池を作ったんだものね。そりゃ、最高傑作だわよね!
オランジュリー美術館の睡蓮の部屋に照明がないのも、自然光で照らすようにというモネがこだわった理由もこのジベルニーを訪れるとわかりますよ。

f0167026_2359097.jpg


なんだか、モネがパリを離れてこの小さな村に居を構えたのもわかるような気がしました。
たくさんの花と静かな村の佇まい、夏になるとより憧れます。





[PR]
by applemint60 | 2014-07-02 00:27 | 旅行 | Comments(0)

ルシヨンからアヴィニョンへ

午後お迎えがきてルシヨンを出発。
途中ポンデュガールに立ち寄り、アヴィニョンへ向かいます。

さよなら、ルシヨン。
この赤い街に吹いていた風を感じることはもう二度とないかもしれません(; ;)

f0167026_21325266.jpg

途中立ち寄ったポンデュガールは思っていたより、かなり大きなものでした。
f0167026_23594844.jpg
ポンデュガール=ガール川にかかる橋という意味だそうです。
水がとっても綺麗!
ここにはキャンプ場もあって、ゆっくり滞在する人が多いのだそうです。
ゆったりカヌーを漕いで、この橋をくぐって行く人達もいました。
こんなところでキャンプして、のんびり過ごしてみたいです。
この橋では1時間見学時間があり、橋の一番下のアーチ上を歩いて反対側に渡しました。

そして、この日の宿泊先へ移動。 アヴィニョンです。
f0167026_23590414.jpg
アヴィニョンの法王庁宮殿前です。
アヴィニョンの滞在は約20時間、是非この法王庁宮殿を見学して下さいと言われましたがじっくりと見学することはできませんでした。
写真に写っているミニトランに乗って街を見学し、翌日の午前中に法王庁宮殿の隣にある公園からローヌ川にかかる、サン・ベネゼ橋を眺めてみました。
f0167026_00005499.jpg
アヴィニョンにきたら、この橋を見なきゃね。

さて前日の1ベッド事件の続きですが、このアヴィニョンではなんと今度は4ベッドもあるじゃあ~りませんか!(なんか古いフレーズ(^_^;))
笑うしか、ありません(^○^)
f0167026_00001825.jpg
いったい、どうなってんだか(@_@;)

そして、前日の1ベッドのお詫びにと今晩のお食事何処をご用意してくださいました。
とっても素敵なフレンチモダンなレストランです。 「L' ESSENTIEL」です。
f0167026_23541720.jpg
もう、全て美味しかったで~す♪
「イワシのマリネ、レモンゼリー寄せ」なんて想像つきます? レモンの爽やかさと酸味でとっても美味しかった。
メインの鶏胸肉のソテーとマッシュポテト添えの鶏肉は蒸したように柔らかくて香ばしい。
お魚もグリンピースのマッシュポテトとグリーンが添えてあり、なんともいいお味のバルサミコ酢のドレッシングが。
そして、デザートのチョコレートムース! もう、ぜっぴん!!
美味しい夜を過ごさせていただきました~♫
後でトリップアドバイザーで調べたら、アヴィニョンのレストラン中8位のところでした。
予約がないとお席につけませんよ。 周りの方は皆、着飾っておいででした。

そんな満足な夜を過ごして、翌日12時にはアヴィニョンからパリへ出発しました。
f0167026_00020508.jpg
アヴィニョンのTGVの駅です。 ここもモダン!

約2時間30分でパリに到着です。 雨でした(*_*;









[PR]
by applemint60 | 2014-06-21 01:01 | 旅行 | Comments(2)

リュベロン地方⑤



ルシヨンの散策です。
f0167026_23113082.jpg
小高い丘から見下ろす村はとても静かで、観光客でにぎわっているとはとても思えないほどです。


こんな路地があったり、
f0167026_23122976.jpg

アーモンドの木が寄り添っている家があったり、(アーモンドの実が沢山ついていましたよ)

f0167026_23125048.jpg

アーモンドの実です↓
f0167026_21233204.jpg




こんな玄関があったり、
f0167026_21260262.jpg

こんなかわいいアンティーク雑貨屋さんの軒先が現れたり、
f0167026_21390809.jpg

ほんとに素敵なところでした。

そして、南仏の幸福のシンボル「セミ」もいっぱい!
f0167026_21262828.jpg
セミって、南仏にしか存在しないんだそうです。セミには北限があってパリにはいないんだそうです。

それからもちろんラベンダー色のポストカードも。
f0167026_21285881.jpg


そしてこの日の宿は一番右端にある建物で、平屋部分がレストランになっている建物でした。
f0167026_21525876.jpg
このレストランで日が暮れていく様子をみながら、この日の晩ごはんをいただきました~(*^^)v
こちらはレストランからの眺望です。
f0167026_23133454.jpg



ホテルの中庭にあったテラス。 こちらも気持ち良さそう。
f0167026_21254340.jpg
とにかく何処にいても空気が美味しい、風の心地よいこと。
この村を宿泊地に選んでよかったと思いました。 ホテルの部屋を除いては、ネ(>_<)
旅行代理店の手違いで1ベッドしかなかったんです。 2ベッドの部屋を頼んだはずが。
仕方なく、エキストラベッドを搬入することになりました。

そんなこともありましたが、人もやさしいし、食事もおいしいし、とってもいいところでしたよ~。

翌日はあの採取場のミニハイキングへ。
「巨人の道」と呼ばれている遊歩道の入り口です。

f0167026_0113066.jpg
そして、この村のお土産屋さんでミントに良く似たラベンダーベア―をみつけました。

f0167026_23092891.jpg


似てるかな~?


宿泊したホテルは「ル・クロ・ド・ラ・グリシーヌ」
日本の旅行代理店の手違いの件は、後日余談がありますよ(^_-)-☆






[PR]
by applemint60 | 2014-06-14 23:14 | 旅行 | Comments(0)

リュベロン地方へ④

f0167026_22404749.jpg
ゴルドの次はセナンク修道院へ向かいました。
ここはラベンダー畑で有名な修道院です。この修道院のショップではここで作られたラベンダーオイルやはちみつなどレア物が揃っていますよ。
ラベンダーが満開になるにはまだ早くて六分咲きといったところでした。残念(>_<)

ここでラベンダーについてガイドさんより説明をうけました。
ラベンダーには正統派のものと、正統派と新鋭をかけあわせたハイブリッドがあるそうです。
正統派は昔からあるもので、香りもほんのり澄みきっているような香りなのですが、ハイブリッドははっきりとした力強い香りがします。
どちらかというと、やはり正統派の香りのほうが好みなのでそればかりを探していました。
因みにLavandeと表記されているものが正統派、Lavandinと表記されているのがハイブリッドです。

f0167026_23300259.jpg
これがセナンク修道院で販売されているレア物のはちみつとラベンダーオイルです。
ラベンダーオイルはとてもいい香りです。

f0167026_23080343.jpg
途中、何の花だか忘れたけど、どっかでみたような花がけむるように咲いていました。


お買い物も済ませ、記念写真も撮り一通りのことを済ませた後は本日の宿泊場所へ移動です。
最後の村、ルシヨンを目指します。
このルシヨンはこちらの地方ではめずらしく赤い色の村です。
この村で採掘されていた土が建築塗料や黄色顔料の原料となるそうです。

f0167026_23434222.jpg
小高い丘からみたルシヨンの街並みです。

ルシヨン散策はまた次回に.....<(_ _)>






[PR]
by applemint60 | 2014-06-13 23:46 | 旅行 | Comments(0)

リュベロン地方へ③ sanpo

名残惜しくルールマランを後にした私達は途中ボニュー、ラコストという村を遠くから眺め、たぶんこのツアーの一番の見せどころゴルドへ向かいました。
f0167026_22383974.jpg

この景色が眺められるのは村の入り口より少し手前の崖の上からです。
この場所、とっても気持ちのいい風が吹いていて、鳥のさえずりが聴こえ、頭からつま先まで浄化されていくようでした。
ずっと眺めていたい風景でした。
この村にはフランスの最も美しい村の会長さんが住んでいるそうです。
そのせいか、村の維持に力を入れていて古い村なのに割と綺麗でした。
この村の中に泊ってみたかったのですが、このツアーでは少し離れたところのホテルになっていたので諦ることに。
でも、ここでランチタイムをとりましたよ(*^^)v
f0167026_22480538.jpg
トリュフ入りのオムレツ~! 黒トリュフがたっくさん入ってましたよ。
でもまた食べ物の写真だけで、お店の写真を撮るのを忘れてしまいました(>_<)
食べ物を前にするといろんな事を忘れてしまいます(^_^;)

ランチの後は村を散策です。
f0167026_22395705.jpg
f0167026_22390800.jpg
f0167026_22393546.jpg
迷わないように地図を片手に迷路のような道を散策するのは、とても楽しい時間になりました。



次はセナンク修道院へ向かいます。





[PR]
by applemint60 | 2014-06-12 23:35 | 旅行 | Comments(4)

リュベロン地方へ②

今回の旅行のメインはこのリュベロン地方を訪ねることでした。
なので、リュベロン地方引っ張ります(*^^)

エクスアンプロバンスを出発し、セザンヌ街道を進んでいる途中でサント・ヴィクトワール山が綺麗に見えていました。
f0167026_12524964.jpg
この空き地にはこんなものが沢山いましたよ。
f0167026_12563937.jpg
白いかたつむり~。 この季節になると地面からあがってきて葉っぱにいっぱいくっつくそうです。
確かに地面をみてみたら、このかたつむりの赤ちゃんがいっぱいいました。
踏まないようにしても無理なほど、辺り一面にいましたよ。


途中の草原には、思わず歓声をあげてしまうくらいのコクリコの花がいっぱい!
f0167026_13023003.jpg
同行したガイドさんもこれは見事だと言って、会社のブログ用の写真撮影をしていましたよ。
誰もが足を止めて写真に納めたくなる光景だと思います。
ルールマランまでこんな景色がずっと続きます。


そして、最初に訪れたルールマランに到着です。
f0167026_13120153.jpg
f0167026_13150076.jpg
もう、とってもおしゃれな街です。 とっても気に入ってしまいました。

f0167026_13162393.jpg
こんな風におうちの壁を花やグリーンで飾っているところが多いこと。

お店のウィンドウにはアンティーク雑貨やブロカント物が並べられて、見ているだけで楽しくなります。
f0167026_13160960.jpg
ここで立ち寄ったショップで、「Astier de Villatte」の器に出会いあと先考えず購入してしまいました(>_<)
この後、ずっと持ち歩くことになるのを考えもせずに。

さて、次はゴルドへ向かいます。



[PR]
by applemint60 | 2014-06-11 13:32 | 旅行 | Comments(0)

リュベロン地方へ①

翌日、ちょっと残念だったエクスの街から車をチャーターしてリュベロン地方を巡る一泊旅行へ出かけました。
まずはルールマランというお洒落な街からはじまり、ゴルド、ルシヨンへと向かいます。
素晴らしい〜、ゴルドの景観‼︎
f0167026_011932.jpg

ずっとこの景色が見渡せる崖に腰掛けていたかった程です。

そして私達が宿泊したルシヨンの街。
f0167026_0111922.jpg


この地方では珍しい赤い村です。
建築塗料にもなる赤い土です。
昔の採掘場後を軽くハイキングできるようになっていました。
f0167026_0113066.jpg

f0167026_0113436.jpg


この日のランチは名物のメロンの生ハム添え〜(≧∇≦)
f0167026_0114165.jpg

これ、もんのすご〜く美味しかった〜!
また食べた〜い‼︎
みずみずしいメロンと生ハムがどっさり!
今年は果物が豊作だそうで、メロンの甘いこと(^∇^)
そしてそこかしこのさくらんぼの木には赤い実がいっぱい実っていましたよ。

夜はホテルのレストランで。
f0167026_0114652.jpg

f0167026_0115064.jpg

f0167026_0115349.jpg

f0167026_0115554.jpg

こちらも美味〜‼︎

もうずっとここに居たかったです。
[PR]
by applemint60 | 2014-06-07 23:50 | 旅行 | Comments(3)

休暇をとってニースに来ていま〜す!

思い切って休みをとり、ニースに来ていますよ〜‼︎ 湘南ではありませんよ〜
emoticon-0136-giggle.gif
f0167026_20123185.jpg


青い海、爽やかな風、気持ちい〜いemoticon-0100-smile.gif

今日はこちらへ来て、2日目。
これからシャガール美術館へ行ってきま〜す!
[PR]
by applemint60 | 2014-05-31 20:06 | 旅行 | Comments(0)

お伊勢さんへ!2

昨日は東海地方が大雨で大変なことになっているようですが、私達が行った先週末はよく晴れていてものすごく暑かった伊勢です。
ちょうど、お白石行事と重なり人出も多く熱気に包まれ余計暑かったと思われます。
何回も救急車が出動してました。

だからという訳ではないですが、連れがここに来たらこれを食べなきゃというのでこれを食べにおはらい町へ。
f0167026_9555923.jpg

赤福氷です。 底のほうに赤福が入ってるかき氷です。
私は氷が苦手なので、それでも3口と赤福一つ手伝いましたよ(≧∇≦)美味しかったですよ!

f0167026_1044736.jpg

おかげ横丁ではやっぱり伊勢うどんをたべたり、
f0167026_106154.jpg

そして氷が苦手な私はほうじ茶ゼリーを食べたり、
f0167026_1073315.jpg

写真はないけど、松阪牛串焼きを食べたりしました(*^^*)

その晩のビールが美味しかったこと! (よく歩いたからね)
f0167026_10104394.jpg

f0167026_10113150.jpg

f0167026_10121433.jpg

いっぱい食べて、幸せな晩餐でした~(⌒▽⌒)

翌朝は早朝参拝に申し込んでいたので、5時に起床。 朝日が眩しいネ!
f0167026_10153644.jpg


6時には内宮へ出発です。
f0167026_1017273.jpg

この鳥居をくぐり、橋を渡ります。
f0167026_10184526.jpg

ふと、何かを思い出しました、そういえば数年前も同じような光景があったような…
思い出したのは4年前に行ったモンサンミッシェルのやはり早朝参拝です。
国は違っても、このようなところは早朝がベストだと思います。澄んだ空気の中、朝一の余計なことは考えられない気持ちで参拝するのが私はいいと思います。

f0167026_10294321.jpg

五十鈴川でお清めをして、(魚がいっぱい泳いでます) どの位の年月、ここに立っているんだろうと思われる木々に見守られながら奥へ入っていきます。
f0167026_103428100.jpg


そして正宮へ
f0167026_1036546.jpg

気持ちを無にしてお参りして下さいと言われました。

f0167026_1039329.jpg

今年は20年に一度の遷宮です。 こちらが新しくなる正宮、天照大神さまはもうすぐお引っ越しだね。

このあとすぐそばにある荒祭宮でお願いごとを聞いて頂いて, 内宮をあとにしました。
早朝参拝おすすめですよ(^^)v 人がとっても少ないのでゆっく~り参拝できます。

ホテルに戻って朝食をとった後、別宮にも参拝して伊勢を後にしました。

名古屋ではやっぱりひつまぶし~!
f0167026_10514611.jpg

f0167026_10522588.jpg


伊勢は美味しいものばかり, ちょっと太ったかも♪───O(≧∇≦)O────♪
[PR]
by applemint60 | 2013-08-06 11:05 | 旅行 | Comments(0)

シャトー・モンヴィラルジェンヌに宿泊

パリ郊外、 シャンティにあるシャトーホテルです。

f0167026_2311556.jpg

ゲートをくぐり、













f0167026_2323931.jpg

管理人さんの家を通り過ぎ、















f0167026_235477.jpg

更に前回ご紹介したゲートを通り、 到着したのがここ。 
こちらの3階の部屋に泊まりました。
残念ながら、部屋の様子などを撮った写真が、お見せできるようなものではなく公開できませんが、
すべて間接照明のクラシックなベッドルームと、 8畳以上ありそうなバスルームを備え、なんと
ジャグジー付!!でした。 
ヴェルサイユ宮殿でヘトヘトに疲れた体を癒すのに充分な設備でしたよ~♪

f0167026_2317550.jpg

翌朝、朝食をいただいたホールです。
この日の朝食ビュッフェにはお味噌汁が! 
そうなんです、このホテルには研修にきている日本人のシェフがいたのです。 
てな訳で昨夜のディナーの美味しかったことv(^^)v









ディナーの内容はまた次回にご紹介しますね。  では~ (^^)/^
[PR]
by applemint60 | 2009-09-06 23:27 | 旅行 | Comments(0)