タグ:フランス ( 51 ) タグの人気記事

お茶の時間

薬膳茶を色々と作って試しているせいか、ありがたい事にお茶の頂き物が多い我が家。
なので自分でチョイスして持ち帰ったお茶を口にするのは、大分後になってしまうのが常になっています。
紅茶もその一つなのですが、去年行った南仏に因んでパリで購入したこのお茶をやっと開封しました。
開けたとたんにプロヴァンスの風が吹いたような、フルーティーで爽やかなお茶です。
f0167026_13075072.jpg

f0167026_13082458.jpg
ティーカップに入れず、平気でマグカップになみなみ注いでしまうお行儀の悪い飲み方してますが、鼻の悪い私はこのくらいにしないと香りがわかりにくくてついついこうして飲んでしまいます。

脱線しましたが、このお茶とって〜も良い香り〜!
そして、フルーティーで爽やかなんだけれどもスパイスが効いてます。
あ〜、去年行った南仏旅行を思い出します。
空気が美味しかった、フルーツは何を食べても味が濃くて甘くて最高だった、そんなフルーツを使ったデザートは文句なしだったしお肉も野菜も美味しかったな〜(≧∇≦)

そんなことを思い出させてくれたこのお茶の缶をよく見ると、Beautiful Tea For Beautiful Peopleって、書いてありました。
私、飲んでいいんだろか?
今度はちゃんとティーカップに入れてお上品にいただこうっと(*^^*)v






[PR]
by applemint60 | 2015-02-06 13:34 | お気に入り | Comments(0)

とうとうパリ最終日

パリ最終日は日曜日になってしまいました。
ということは、開いているところに集中するということ(>_<)
この日も快晴、気温はうなぎ昇り~!
そして最終日の予定はマレ地区にもう一度行きたいショップがあったのでそちらをまわり、サンジェルマンデプレにあるルコントワーでランチ、きっと混んでるであろうシテ島のノートルダム、サントシャペル、コンシェルジュリ―を廻る予定でした。

マレ地区のショップはすぐにみつかり難なくクリア~♫
その後、ルコントワーへ・・・
f0167026_12521246.jpg
ギョギョ~(@_@;)
この炎天下の下、行列が~~(*_*;
そして良く見てみると、座ってお食事されてる方も炎天下に座ってる人多し(~_~;)
炎天下に並んだ挙句、通された席も炎天下ではたまらないので諦めることにしました。
そして向かったのはサン・ルイ島です。
f0167026_12560869.jpg
え~~、ここも大行列~?と思いきや、並んでいたのは隣のアイスクリーム屋さんでした。
私達が向かっていたのはそのお隣のクレープリーです。
いろんなガイドブックに紹介されているクレープリーです。
ここで、クリームチーズのガレットを注文。
f0167026_12565880.jpg
お店の中は私達の他、家族連れの1グループと女性お一人でガランガランでした。
ランチにこんなもんじゃ、きっと皆さん足りないんでしょうね。
それでも日陰は涼しいので、救われた感じ!
隣のアイスクリーム屋さんも有名らしいんだけど、私達は並ぶ気力がなかったのでここでデザートも注文しちゃいました。
f0167026_11540091.jpg
なんてことはないイチゴのソルベですが、イチゴ味濃厚で美味しかった(*^_^*)
こちらのお店で作ったんだそうです。
こちらでのんびり涼んでいたら、あっという間にもう夕方4時です。
次の目的はノートルダムの上にのぼること、しかし、またもや大行列(@_@;)
f0167026_12573968.jpg
このノートルダムの壁際に立っている人たち皆、同じ目的なんです。
これを見ただけで、気持ちはしぼみました。
今回もまたもや上には行けなっかったんだな。やはり朝一に来ないと無理ですね、特に日曜日ですもんね。(わかっていたのですが*_*;)
仕方がないので、この角度から塔の上の方を撮影して、おさらばです。
f0167026_12580588.jpg

サッサと気持ちを切り替え、次、サントシャペルへ。
こちらも並んでいたのですが、列はスムーズに動いていたので見学できましたよ(^.^)v
f0167026_12582033.jpg
見事なステンドガラスです。 もうこれが三方にホールを囲むように広がっています。と言いたいところですが、惜しいことに向かって左手側が修復中でした。
半年前にここを訪れた妹曰く、その時も修復していたとのこと。こういうものってデリケートなものだから時間がかかるんでしょうね。残念‼
なんだか、今回のパリは残念なことばかりが続いたような・・・(;_:)

次のコンシェルジュリ―はタイムリミットで見学できずに帰ってきました。

シテでメトロに乗る前に金魚やら、鳥やらを売っている市がありました。
f0167026_12585685.jpg
なんとなくアジアを感じて見入ってしまった市です(^。^)y

シテの駅って、ま~るい電灯がたくさんあるのをご存知でしょうか。
f0167026_12591824.jpg
この駅だけ(他にもあるかもしれませんが、今回使った駅のなかではここだけ)妙~に明るいんです。
駅に降りる階段やエレベーターもディズニーランドのスペースシャトル乗り場を連想したのは、私だけかな!?

パリ、ホテルの手違いとか色々とトラブルがありました。
予約していたはずの空港までのシャトルバスが予約できていなかったり、4泊中の2泊はそれぞれシングルルームへ移動だったのですが、そんな予約はされてないとか・・・。

今回のフランス旅行は南仏があまりに良かったので、パリはもうサッサと切り上げて帰りたくなったほどです。
はたして、またパリへ行くことはあるのかな?
また時間が経って気持ちが向いたらくることもあるかもしれませんが、しばらくは足が遠のきそうです。

さっ、次はどこへ行こうかな~(^^)/




[PR]
by applemint60 | 2014-07-09 13:45 | 旅行 | Comments(0)

いっぱい移動した日 in パリ

エッフェル塔のみえる「カフェ カルル」のテラスでのんびりした私達は、晩ごはんを食べに行くことにしました。
エッフェル塔が素晴らしく綺麗にみえる場所は、もうご存知の方も多いと思いますがトロカデロという駅で下車すればすぐです。

1時間ほど休んだので、ちょっと元気になりどうしても行っておきたかったギャラリーヴィヴィエンヌへ向かいました。
こんなところです。
f0167026_19530692.jpg
いわゆるパッサージュというところ。
パリ市内に他にもパサージュは幾つかありますが、ここには来たことがなかったのと一番綺麗なパッサージュということで、是非訪れたかったところなんです。

でも一足遅かったみたい(>_<) お店は全て閉まってしまった後でした。18:00でお終いかな?
ここで開いていたカフェで晩ごはんを食べることにしました。
それが大正解! なかなか美味しいパスタに出会えなかったパリですがここのリングイネが美味しかった。
f0167026_20092142.jpg
空豆、グリンピース、ズッキーニ、トマトなどフレッシュなお野菜がどっさり入っていてお味も濃くなく自分で塩加減ができるのが良かったです。もちろんパスタのゆで具合いも調度良かった。

そして、妹が注文した骨付き鶏肉のソテー。
f0167026_20120124.jpg
ちょっとずつシェアして、こちらもグ~(^.^)v
どちらも量は多いのでこの2品で十分でした。だいたいどこでもこういったものにパンが付いてきます。パンも美味しかったんです。
もしかしたらお向かいにあった、ル・パン・コティディアンのものかな?
前回(2年前)滞在したアパルトマンの近くにこのル・パン・コティディアンがあり、そこのクロワッサンが大変美味しく、ポールで買ったのを後悔したほどでした。
で、その時はそのブーランジェリーがル・パン・コティディアンだと知らずただただ美味しいパン屋さんが傍にあっと記憶していたところ、調べてみたらル・パン・コティディアンだったという次第^^;

今では日本にもありますが、パリにいったらパレロワイヤルの裏とマルシェサントノーレにカフェがあるので、疲れた時にでも利用してみてください。


この日はヴァンヴに行けなかったので、予定を変更しオペラからピラミッド(チュイルリー)⇒イエナ⇒トロカデロ⇒パレロワイヤルと移動した日でした。
*ヴァンヴはメトロでも行けますよ。

そんな大したことないか!




[PR]
by applemint60 | 2014-07-08 20:38 | 旅行 | Comments(0)

パリでのランチ事情

パリは4泊したのですが、その4泊中のランチ模様を少しご紹介します。

1日目は出発地アヴィニョンの駅で済ませてしまったので、パリではちょっと早い夕食にさぬき屋のうどんを食べました。
2日目のランチはサンジェルマンデプレのラデュレで21ユーロもするクラブハウスサンド。
3日目はジベルニーからもどって、オペラ界隈にある「パスカード」というお店でパスカードを食べました。
それが、こちらです。 こちらのサイトも参考に⇒
f0167026_00425886.jpg
ホットケーキのような、クレープのような生地が器状に焼かれていて、その器状の生地にお店オリジナルのソース(オリジナルマヨネーズのようなもの)が塗られ、その上に野菜類、チーズ、牛肉の生ハムのようなものがトッピングされています。
これ、なかなか美味しかったです。
この一品で野菜、タンパク質が採れてしまうので便利というか、お得というか、迷わなくていいというか。

f0167026_00504084.jpg
こちらは妹が頼んだもの。
ホワイトアスパラにホタテ?が入ってたのかな、海苔がふられていてちょっとジャポネっぽい。
こちらも美味しかったそうです。
でも、これも20ユーロもします。 1ユーロ140円だったので、高~い!

4日目のジャンポールエヴァンのランチも同じくらい。
最終日のランチはクレープリーへ。それも同じくらいします。

ラデュレなど、ちょっと知れたところへ行ってしまったので仕方ないのかもしれませんが、日本人にとってパリの物価はお高いと思ってしまうのは私だけでしょうか。
それでもパリ人気は衰え知らずですね。





[PR]
by applemint60 | 2014-07-06 12:30 | 旅行 | Comments(0)

予定変更(>_<)

土曜日の午前中はヴァンヴの蚤の市へ行く予定でした。
が、待てども一向にバスは来ません。 もしかして、この路線スト?と思っていたら雨が降り出しました。
この雨も一向に止む気配もなく、ますます強くなるばかり。今回の旅行でこんなに降ったのは初めてでした。
雨も止まないし、バスは来ないしでこの際ヴァンヴは諦めましょう(*_*;ということになりました。
こういうこともありますよね。
エズで行かなかったフラゴナールの香水工場の変わりとでもいいますか、近くにフラゴナールの香水博物館があったので雨が止むまで
一先ずそちらを見学することにしました。
f0167026_00440408.jpg
ここですが、女子には相当魅力的なところです。
入ってはいけないところに・・・入ってしまいました(^_^;)
とってもいい香りのバスグッズやら、限定ポーチ付きのフレグランスセットやら、後から後からこれでもかってくらい出てきます。お姉さん達に勧められるがままに、気づけば籠の中はいっぱいに。 
アロマキャンドルまで買ってしまったもんね(>_<;)
蚤の市で銀のカトラリー類を買おうかと思っていたのが、全て香り物に化けてしまいました(^_^;)

そんなこんなであっという間に午前中は過ぎ、お昼はサントノーレにあるジャンポールエヴァンのランチを食べに行きました。
f0167026_00444522.jpg
f0167026_00450179.jpg
ここでも失敗(*_*;
はじめにキッシュを注文したのですがお姉さんのとっても上手な英語を、今日はキッシュはないです、ごめんなさい。と聞きとってしまい、仕方なく上の北欧スモークサーモンのプレートを注文してしまいました。
でも、よくよく反芻してみたらキッシュは一人分しかないと言っていたような・・・。
しょうがない、こんな日もあるね。気を取り直して、ここにきたら是非チョコレートケーキを食べなくちゃということで食べちゃいましたよ。たぶんこの旅行中はじめてのケーキです。
実は私、あんまり甘党でもないんです。スイーツはなくても全然平気。食べないことの方が多いくらいなんです。
その私が率先して、しかもチョコレートケーキを注文してしまいました。
これ、ガナッシュとムースのコンビがたまらなく美味しかったです。
なんて名前だったかな~、たしかアフリカっぽい名前だったような(*^_^*)、そう、トンガです!

ようやく雨も止み、午後はバカラ美術館へ向かいました。
f0167026_00453688.jpg
クリスタル好きにはたまらないところです。

f0167026_00464565.jpg
何やら絨毯の端、光ってる~!
f0167026_00460857.jpg
こういう演出初めて見ました。 なんか、ドキドキ!

そして、中も・・・
f0167026_00471209.jpg
ここって、ただのショップなんだって(*_*;
f0167026_00474993.jpg
もう美術館かと思ったよ~(*^_^*)
ここに展示されてるクリスタル食器類はすべて購入可らしいです。
実際に購入されてた人、いました(@_@;)

トイレもすごい!
f0167026_00484441.jpg
f0167026_23384377.jpg
よくわからないかもしれませんが、きらびやか~です。

そして、らせん階段の上にあったシャンデリア
f0167026_23392508.jpg
とここまでは、写真を撮っていいところです。

実際に展示室のものは撮影NGなのでこれくらいしか撮れなかったのですが、はて?展示室のほうがスペースが小さかったような気がしたのは私だけでしょうか?
シャネルのテーブルセッティングがあったり、多くの著名人のテーブルセッティングを見られたことは良かったです。
ここにあったテーブルランプが素敵だな~と思っていたら、なんと後日日本で見つけちゃいました。
恵比寿のラターブルドジョエルロブションのテーブルにありましたよ~。

このバカラ美術館にはクリスタルルームというレストランがあるのですが、すべてバカラの食器がつかわれているそうです。
ご興味のあるかたはランチに訪れてみてはと思います。

バカラ美術館を後にして、次はシャイヨー宮にあるカフェ・カルルへ向かいました。
カフェ・カルルはエッフェル塔を眺めながらお茶をするには絶好のカフェなんです。
その時に撮った写真がこちらなんです。
f0167026_05996.jpg
このカフェのテラスでのんび~り、まった~りして次へ向かいました。

では、また~!









[PR]
by applemint60 | 2014-07-04 00:04 | 旅行 | Comments(2)

あんまりの暑さで...in パリ


ほんとにパリ暑かったんです。
天気予報でも連日28℃まで上がると出ていたし、街歩きには少しキツイかもと思っていたらやっぱりバテました。


カルナヴァレ美術館を後にした私達は私の希望で是非立ち寄りたいショップがすぐそばにあると知り、向かったのが「アントレ・デ・フルニスール」です。
f0167026_23593064.jpg
かわいいボタンやリボンがいっぱい!
目移りしてなかなか決まらない心を静め、やっとチョイス出来たときには早1時間くらいかかっていました。
モーヴ色のリボンとレース模様のシェルボタン、作品にしたらお披露目しますね、いつか....(>_<)

さっ、お腹が空いたのでサンジェルマンデプレへ移動しランチにしましょってことでマレ地区を離れました。

お腹が空いたのと暑いので、もうどこでもいいから空いてるとこ入りましょうとなりラデュレへ入ったのですが、
サンジェルマンデプレのラデュレってちょっと想像してたのと大分違う~(>_<)
f0167026_00000383.jpg


f0167026_22544247.jpg
なんだかエキゾチック~‼
でも涼しいし、空いてるからいいねということでこちらでランチにしました。
ランチに注文したクラブハウスサンドなんですが、フツ―の代物の割にはお高い。 
ちょっと空いてる理由がわかったような気がしました(*_*;
一緒に行った妹はこんなものも頼んでました。 Ispahanです。
f0167026_22554194.jpg
ごめんね~、やっぱりこれはピエールエルメの方が美味しいよ!

ここでしっかり2時間近く休憩し、本日のメインイベント「ボンマルシェでお買い物」ツアーへ。
この日のお夕飯とお土産ものを購入して、クタクタになりホテルの部屋へなだれ込んだのでした。




[PR]
by applemint60 | 2014-06-30 07:00 | 旅行 | Comments(2)

パリ〜??

アヴィニョンからノンストップでパリリヨン駅に到着。
降車する際に周りの方々が一様に厚手の上着を羽織り始め、どんだけ寒いんかい⁈と慌てましたが、確かに到着した日は雨が降っていて肌寒かったです。が、翌日からパリは猛暑を迎えることに。
f0167026_05996.jpg


どんどん気温は上がり、暑い暑い??

今回でパリは4回目となり、前回作ったナビゴを早速チャージし街巡り準備万端です。
最初に訪れたのはまだ一度も行ったことのなかったカルナバレ美術館へ。
f0167026_05945.jpg

ここには、マリーアントワネットが幽閉されていた時の遺品などがあります。
じっくり堪能して外へ出るとパリとは思えない程の日差しが降り注いでいました。
[PR]
by applemint60 | 2014-06-27 09:18 | 旅行 | Comments(2)

ルシヨンからアヴィニョンへ

午後お迎えがきてルシヨンを出発。
途中ポンデュガールに立ち寄り、アヴィニョンへ向かいます。

さよなら、ルシヨン。
この赤い街に吹いていた風を感じることはもう二度とないかもしれません(; ;)

f0167026_21325266.jpg

途中立ち寄ったポンデュガールは思っていたより、かなり大きなものでした。
f0167026_23594844.jpg
ポンデュガール=ガール川にかかる橋という意味だそうです。
水がとっても綺麗!
ここにはキャンプ場もあって、ゆっくり滞在する人が多いのだそうです。
ゆったりカヌーを漕いで、この橋をくぐって行く人達もいました。
こんなところでキャンプして、のんびり過ごしてみたいです。
この橋では1時間見学時間があり、橋の一番下のアーチ上を歩いて反対側に渡しました。

そして、この日の宿泊先へ移動。 アヴィニョンです。
f0167026_23590414.jpg
アヴィニョンの法王庁宮殿前です。
アヴィニョンの滞在は約20時間、是非この法王庁宮殿を見学して下さいと言われましたがじっくりと見学することはできませんでした。
写真に写っているミニトランに乗って街を見学し、翌日の午前中に法王庁宮殿の隣にある公園からローヌ川にかかる、サン・ベネゼ橋を眺めてみました。
f0167026_00005499.jpg
アヴィニョンにきたら、この橋を見なきゃね。

さて前日の1ベッド事件の続きですが、このアヴィニョンではなんと今度は4ベッドもあるじゃあ~りませんか!(なんか古いフレーズ(^_^;))
笑うしか、ありません(^○^)
f0167026_00001825.jpg
いったい、どうなってんだか(@_@;)

そして、前日の1ベッドのお詫びにと今晩のお食事何処をご用意してくださいました。
とっても素敵なフレンチモダンなレストランです。 「L' ESSENTIEL」です。
f0167026_23541720.jpg
もう、全て美味しかったで~す♪
「イワシのマリネ、レモンゼリー寄せ」なんて想像つきます? レモンの爽やかさと酸味でとっても美味しかった。
メインの鶏胸肉のソテーとマッシュポテト添えの鶏肉は蒸したように柔らかくて香ばしい。
お魚もグリンピースのマッシュポテトとグリーンが添えてあり、なんともいいお味のバルサミコ酢のドレッシングが。
そして、デザートのチョコレートムース! もう、ぜっぴん!!
美味しい夜を過ごさせていただきました~♫
後でトリップアドバイザーで調べたら、アヴィニョンのレストラン中8位のところでした。
予約がないとお席につけませんよ。 周りの方は皆、着飾っておいででした。

そんな満足な夜を過ごして、翌日12時にはアヴィニョンからパリへ出発しました。
f0167026_00020508.jpg
アヴィニョンのTGVの駅です。 ここもモダン!

約2時間30分でパリに到着です。 雨でした(*_*;









[PR]
by applemint60 | 2014-06-21 01:01 | 旅行 | Comments(2)

リュベロン地方⑤



ルシヨンの散策です。
f0167026_23113082.jpg
小高い丘から見下ろす村はとても静かで、観光客でにぎわっているとはとても思えないほどです。


こんな路地があったり、
f0167026_23122976.jpg

アーモンドの木が寄り添っている家があったり、(アーモンドの実が沢山ついていましたよ)

f0167026_23125048.jpg

アーモンドの実です↓
f0167026_21233204.jpg




こんな玄関があったり、
f0167026_21260262.jpg

こんなかわいいアンティーク雑貨屋さんの軒先が現れたり、
f0167026_21390809.jpg

ほんとに素敵なところでした。

そして、南仏の幸福のシンボル「セミ」もいっぱい!
f0167026_21262828.jpg
セミって、南仏にしか存在しないんだそうです。セミには北限があってパリにはいないんだそうです。

それからもちろんラベンダー色のポストカードも。
f0167026_21285881.jpg


そしてこの日の宿は一番右端にある建物で、平屋部分がレストランになっている建物でした。
f0167026_21525876.jpg
このレストランで日が暮れていく様子をみながら、この日の晩ごはんをいただきました~(*^^)v
こちらはレストランからの眺望です。
f0167026_23133454.jpg



ホテルの中庭にあったテラス。 こちらも気持ち良さそう。
f0167026_21254340.jpg
とにかく何処にいても空気が美味しい、風の心地よいこと。
この村を宿泊地に選んでよかったと思いました。 ホテルの部屋を除いては、ネ(>_<)
旅行代理店の手違いで1ベッドしかなかったんです。 2ベッドの部屋を頼んだはずが。
仕方なく、エキストラベッドを搬入することになりました。

そんなこともありましたが、人もやさしいし、食事もおいしいし、とってもいいところでしたよ~。

翌日はあの採取場のミニハイキングへ。
「巨人の道」と呼ばれている遊歩道の入り口です。

f0167026_0113066.jpg
そして、この村のお土産屋さんでミントに良く似たラベンダーベア―をみつけました。

f0167026_23092891.jpg


似てるかな~?


宿泊したホテルは「ル・クロ・ド・ラ・グリシーヌ」
日本の旅行代理店の手違いの件は、後日余談がありますよ(^_-)-☆






[PR]
by applemint60 | 2014-06-14 23:14 | 旅行 | Comments(0)

リュベロン地方へ④

f0167026_22404749.jpg
ゴルドの次はセナンク修道院へ向かいました。
ここはラベンダー畑で有名な修道院です。この修道院のショップではここで作られたラベンダーオイルやはちみつなどレア物が揃っていますよ。
ラベンダーが満開になるにはまだ早くて六分咲きといったところでした。残念(>_<)

ここでラベンダーについてガイドさんより説明をうけました。
ラベンダーには正統派のものと、正統派と新鋭をかけあわせたハイブリッドがあるそうです。
正統派は昔からあるもので、香りもほんのり澄みきっているような香りなのですが、ハイブリッドははっきりとした力強い香りがします。
どちらかというと、やはり正統派の香りのほうが好みなのでそればかりを探していました。
因みにLavandeと表記されているものが正統派、Lavandinと表記されているのがハイブリッドです。

f0167026_23300259.jpg
これがセナンク修道院で販売されているレア物のはちみつとラベンダーオイルです。
ラベンダーオイルはとてもいい香りです。

f0167026_23080343.jpg
途中、何の花だか忘れたけど、どっかでみたような花がけむるように咲いていました。


お買い物も済ませ、記念写真も撮り一通りのことを済ませた後は本日の宿泊場所へ移動です。
最後の村、ルシヨンを目指します。
このルシヨンはこちらの地方ではめずらしく赤い色の村です。
この村で採掘されていた土が建築塗料や黄色顔料の原料となるそうです。

f0167026_23434222.jpg
小高い丘からみたルシヨンの街並みです。

ルシヨン散策はまた次回に.....<(_ _)>






[PR]
by applemint60 | 2014-06-13 23:46 | 旅行 | Comments(0)