別れ...

3月は別れもありました。

亡くなった父がワンコを飼いたいと言って(初めて知ったのですが)迎えたパグのさくら(愛称チャー子)が17歳の生涯を閉じました。

父は一度も一緒にお散歩することなく逝ってしまいましたが、
いつも父のベッドのそばに寄り添っていました。

そんな姿を思い出しては、やっぱり泣けてきます。
この子の一生を面倒見た妹はなおさらのことでしょうね。
この写真の場所に行って、カップ酒を飲みながら人目もはばからず
号泣してきたそうです。
そんな妹の姿も思い浮かべては泣けてきてしまいます。

ここでボール投げをするのが大好きだったそう。

f0167026_12020952.jpg


チャー子は私達にワンコの愛らしさを教えてくれた子なんですよ。
とても活発な子で、うちの子供たちは逃げ回ったりしてたけど、
それでも可愛くてお膝の上に乗ってきては居眠りをはじめたり、
愛おしい存在でした。


ありがとう、チャー子。
色んな事があった17年間、おつかれさまね。


f0167026_12014861.jpg

天国で父と母にたくさん遊んでもらってね。






[PR]
by applemint60 | 2017-04-17 12:28 | トイプードル  | Comments(2)
Commented by kyoko_mn at 2017-04-17 22:30
草むらのチャー子ちゃん、とっても良い笑顔ですね。
きっと皆さんに可愛がられて、幸せな一生だったのでしょう。

チャー子ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Commented by applemint60 at 2017-04-17 23:03
> kyoko_mnさん
ありがとうございます❤

元気に生きた一生だったと思います。
さよならを言う間も無く、
皆んなが寝ている間に静かに
旅立って行ったそうです。

きっと元気に虹の橋を渡って行ったのでしょうね(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)v

<< 最後の桜を楽しみました。 話しは前後しますが....&#... >>